台湾の風俗事情と夜の仕事をする女の子について

台湾というと「美人」という連想をする人も少なくないのではないでしょうか?
実際、ビビアンスーやリンチーリンなど、透き通るような白肌の女優なども多く輩出している国ですね。

世界三大美女の楊貴妃も同じ漢民族ですから、美人が多いのは当然とも言えますね。

そんな台湾にも林森北路(リンシャンペイルー)という風俗店が連なる繁華街があります。
しかし、タイやフィリピンと比較するとそこまで派手さもなく、規模も小さいです。しかし、粒揃いの女性が揃っています。

今回は台湾で夜の仕事に就く女の子たちの実情、日本人を含む外国人との関係について、詳しくご紹介していきたいと思います。

台湾風俗の実情

もともと台湾では、日本統治下の公娼制度を受け継ぎ、戦後も台北の「華西街」などの巨大赤線地帯が繁栄、全土で数千人の公娼が働いていた。ところが、元人権派弁護士の陳水扁(のちの台湾総統)が1994年に台北市長に就任し、台北市の浄化運動を展開。2001年に台北市の赤線地帯が消滅し、全国にも波及した。現在、内政部(内務省)の許可を受けた売春宿は台湾全土で11軒、計49人の公娼がいるだけだった。
引用:jp.quora.com

このように、かつては多くの公娼が存在していました。

台北夜遊びのメッカである林森北路は、元々は日本人駐在員の遊び場として発展した街です。
今でこそ技術流出などで逆転しつつありますが、かつては日系企業の下請け国として、日系の工場や会社などが多くあったわけです。50年の日本統治時代の影響もあり、世界一の親日国とも言われています。

台湾の風俗は、メジャー所でいうとKTV(キャバクラ)」「サウナ」「デリヘル」「ピンポンマンション」「制服店」などがあります。

日本語の通じる女の子ということであれば「KTV」がおすすめです。キャバクラの形態ですが、連れ出し可能です。
それ以外のお店は基本的には日本語は通じません。

大人数でわいわいやりたいのであれば、カラオケをしつつ、ちょっとエッチなサービスがある「制服店」が面白いと思います。

超絶美人と遊びたいのであれば「デリヘル」「ピンポンマンション」になります。

正直、サウナは年増が多いのでおススメはできないのですが、宿泊もできるので使い方によってはアリかというところです。

価格でいうと、1.2万~3万円程度と日本と比較しても決して安いわけではありません。
そんなわけなので、夜遊びのために台湾に行くというよりも、観光で行ったついでに「じゃあ夜はどうする?」となった時に、夜遊びスポットに出掛ける。というようなノリの人が多いと思います。

日本人が経営している「無料案内所」もあり、毎日観光客で賑わっています。

台北風俗無料案内所は多くの風俗店と提携をしており、台北で人気有名店のキャバクラやKTVなど、最安値で利用可能!
しかも・・・サービス特典がつけられるので、ネットやポン引きなどの案内よりも安いです。

ポン引きの中には悪質な中国人もいたりして、ぼったくり被害に遭う人もいるので、日本人経営の案内所の方が安心安全です。最近はポン引きも無料案内所を出していたりするので偽の案内所に注意!

■ 台北風俗無料案内所第一号店

台北市中山区林森北路409号1F
営業時間 : 16:00~翌2:00
HP:https://www.gestnavi.com/ja/
http://taiwanfuzoku.com

現在の台湾風俗について、もっと過激で具体的な内容を知りたい方はこちらを参考にどうぞ。

台湾風俗で働く女の子とは?

台湾の風俗で働いている女の子はいったいどういう女の子達なのか。

いわゆるプロの風俗嬢も一定数いるようですが、大学生などでバイトとしてやっている子も結構な数がいます。
あとは、フィリピン、タイ、ベトナムなど東南アジアからの出稼ぎで来ている子もいます。

台湾では風俗営業を国に認可されているエリアもあるのですが、基本的には違法なので、アングラな風俗店になるほど、東南アジア人の子が多いようです。特に中国人が経営しているデリヘルやピンポンマンションなどは要注意ですね。

近年、経済発展してきている印象がある台湾ですが、実際の台湾人の月収の中央値は約14.5万円。年収は約170万円という2018年のデータがあります。我々が想像しているよりも、特に若者の給料は安く、月収10万円程度の人が多いようです。
それに対して物価は日本の半分から2/3程度なので、生活レベルとしては日本とそこまで変わらないのかなとは思います。

台北などの大都市であれば別ですが、それ以外の地方都市となるとバイトをしても、なかなか良い賃金がもらえないのが実情です。普通のバイトだと月に5万~6万円程度にしかなりません。夜の仕事であれば倍くらいにはなります。

となると、夜の仕事という割の良い仕事に就く女性が一定数いるのも、日本と同じですね。

タイやフィリピンと比較すると、お金持ちの外国人と付き合いたい、結婚したい。という人は多くはないですが、小国ゆえに海外との接点が重要だと考えている人は多いように感じます。

アメリカを中心として白人は人気がありますが、日本人に興味のある子も一定数います。親日国なので日本の文化に興味のある子が多いのですね。
街を歩いていると「日本語教室」というような看板をちょこちょこ見かけます。

自信のある方はクラブでナンパに挑戦してみるのもアリかと思います。

林森北路での夜遊びに最適なホテル

ヴィア ホテル ロフト(Via Hotel Loft)


森林北路の中でも民生東路に位置しているのがこのヴィア ホテル ロフトです。

無料WiFiもついており、居心地の良い客室で観光客をおもてなししています。

エアコンやセーフティボックスなどもついており、なに不自由ない快適な旅行ライフを楽しめるかと思います。
ツアーデスクなどもあるため、観光ツアーやバスなどをここでチャーターすることもできて、観光の拠点にするにはピッタリかと思います。

近くにはグルメに特化したレストラン街などもあり、食べるものに困ることもありません。


台北市にあるホテルの中では比較的に安価なため、学生などの一人旅やカップルでの旅行などにもオススメです。

基本的には空き室があることも多いので直前でも予約が取れることも多いです。

>>>ヴィア ホテル ロフト(最低価格保証付きリンク)

hotels.comで予約する
Expediaで予約する

インペリアルホテル (Imperial Hotel)


インペリアル ホテルはホテル業界の中でも老舗とも言えるホテルで40年の歴史があるホテルです。

世界各国にあるので、勢力は強いほうかと思います。
インペリアルホテルは林森北路の中でも北の方に位置します。

また、このインペリアルホテルがある場所はホテルが密集している場所でもあり、道路の対面にはペニンシュラホテル、隣にはシェラトンホテルというホテルビジネスの競争が激しい地区となっています。
その分、大変交通機関なども整っており、便利な地区でもあります。
台北全域を周りたいという方にはオススメのホテルです。

老舗ホテルであることから、対応やサービスは手厚く、必要なものはすべて揃っています。


内装もすごく豪華で少しだけリッチな気分を味わうことができます。

チーリストデスクやコンシェルジュも24時間対応で緊急時にも対応してくれます。

部屋の内装も豪華ですべてのアメニティなども揃っているため、不自由ない滞在ができるかと思います。

スタンダードルームに宿泊すると、窓からの景色がビルだけになってしまうため、そこだけは注意が必要かと思います。

また、ホテル内のレストランには日本料理店として大戸屋があります。

外国に行き、外国の料理が口に合わないという時にはこういった日本料理店が便利なので利用しましょう。

>>>インペリアル ホテル(最低価格保証付きリンク)

hotels.comで予約する
Expediaで予約する

おススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です