台湾(台北)のキャバクラ(KTV)の料金相場と遊び方のコツ【2018年最新版】

台湾と言えば、親日国で有名だ。先の東日本大震災の時にも、非常に多額の援助金を贈ってくれるなど、他の東アジア諸国とは一線を画すものがある。

日本統治時代の影響からか、日本の文化も多く入っていますから、台湾人も日本に興味がある人が多く、最近では流行のインバウンドで日本に旅行に来る人も増えましたね。

そんな台湾ですが、可愛い女の子が多いことでも有名ですね。

リンツィーリン、ビビアン・スーなど、台湾出身の美人女優も多くいます。

そんな台湾美人と遊んでみたいなぁという男子の夢を叶えてくれる場所が林森北路(リンシャンペイルー)というナイトスポットです。林森北路は古くから日本人街として名を馳せた通りで、日本人の台湾駐在員や出張者、旅行者などの御用達の場所となっています。


ここには様々な夜遊びスポットが点在しており、特に南部には、キャバクラが密集しています。台湾のキャバクラ(KTV)はお持ち帰りも可能なため、濃厚な遊び方も可能となっています。いわゆる「連れ出しキャバクラ」と言えます。

この記事では

  • 台湾(台北)キャバクラの遊び方と料金相場と場所
  • 台湾(台北)のキャバクラ遊びに最適なおすすめホテルと知っておきたい注意点

について詳しくご紹介していきたいと思います。

台北のキャバクラ(KTV)とは


(引用:http://china.haiwainet.cn/n/2014/0730/c345646-20909295-16.html

東南アジアではキャバクラのことを「KTV」あるいは「カラオケ」と呼びます。

名前の通り、店内にカラオケがあり、お酒が飲めて、歌えるからこのような名前が付いたのだと思います。

台北には、元々、戦前の頃から日本人相手に商売していたエリアである「林森北路(リンシャンペイルー)」という通りがあります。この通りには、風俗店や、マッサージ、キャバクラ、飲食店、屋台などが密集しています。

林森北路には、客引き(ポン引き)がたくさんいます。中には日本人の客引きもいるのですが、基本的には付いて行かなくて良いです。

理由は、付いて行っても安くならないし、キャバクラだけであれば、自力で簡単に見つけられるからです。

その他のマイナーな遊びであれば、客引きを利用しても良いかもしれませんが、ボッタクリも存在するので注意が必要です。

台湾の夜遊びについてはこちらも参考に。

台北のキャバクラ(KTV)の場所


森林北路は南北に2kmほど長い通りですが、ちょうど林森公園の南側にキャバクラが密集しているのです。

メインストリートから少し路地に入ったところにありますのでメインストリートからは見えないですが、数が多いので通りを歩けばすぐに見つかります。107通りが最もキャバクラが多い通りとなります。

台北キャバクラ(KTV)の料金相場

多少の違いはありますが、おおよそ、どこのお店も料金は横並びです。

・ボトルキープ  4500台湾ドル~(税別)(およそ17,000円~)
・テーブルチャージ 900台湾ドル(1人・税別)(およそ3,400円)

女の子を持ち帰る場合は、上記に追加で

・ショート(2時間程度):7,000台湾ドル(およそ26,500円)
・ロング(翌朝まで):9,000台湾ドル(およそ343,000円)

ちらっと覗くだけなら、もちろん無料。お酒を飲んで終わりなら、3,000~4,000円程度。
ここまでならコスパも良く、決して高くない金額で遊びますが、

お酒を飲んで、なおかつ女の子もお持ち帰りする場合は、合計で7,900台湾ドル~(30,000円)くらいはかかる計算となり、決して安いとは言えないです。

台湾キャバクラ(KTV)の遊び方

入店する

当然ですがちらっと入店するだけなら、料金はかかりませんので、どんな様子か可愛い女の子がいるかだけ確認しても良いかと思います。

店に入ると着席を促されます。
待っていると、女の子を何人か連れてきてくれるので、中から好きな娘を選びます。

気に入った娘がいなければ退席しましょう。

呑む、歌う


女の子を指名したら、キャバクラ遊びの始まりです。飲んだり、歌ったりできますので楽しみましょう。
お触りは基本NGですが、多少であれば許されることもあるかもしれません。

また、30分ごとに女の子チェンジがあるので、何人かとお話できるのが普通です。
だいたいの店はセット料金になっていますので、料金に神経質になる必要はありません。

女の子は日本語を話せる子も結構います。ただし、全員が全員流暢に日本語を話せるわけでもありませんので、指差し会話帳を持参するとか、携帯を駆使するなど、コミュニケーションの取り方については、予め対策しておいた方が良いでしょう。

連れ出す


もちろん、呑んで終わりでも構いません。
強引な催促もありませんし、連れ出しを断っても嫌な顔をされることもないです。

気に入った娘がいて、連れ出したい場合は、交渉になります。

連れ出しが決まったら、警察対策のため、先に店を出て、外で待ち合わせとなります。
あとは、自分のホテルに連れて帰るだけです。

台北の夜遊びに最適なホテルはこちらの記事も参考に。

台北のキャバクラ(KTV)一覧

数十軒は軒を連ねていますので、1日で全てを回るのは不可能です。ある程度、目星をつけて回るのが良いかと思います。

暁(プレステージ)

プレステージ
名店でしたが、当局の取り締まりにあい閉店となりました。しかし「暁」という別店として営業再開しています。

台北キャバクラの2トップの一角といえる同店。雰囲気もよく美女が揃っています。

住所:林森北路85巷36号B1
電話:+886-2-2521-5596
営業時間20:00~1:00

G線クラブ

G線クラブ
こちらも台北キャバクラの2トップの一角です。
住所:林森北路107巷30号
電話:+886-2-2537-6506
営業時間:20:00~1:00

GREEN

住所:No. 19, Lane 107, Linsen North Road, 中山區台北市104
電話:+886-2-2542-0866
営業時間:20時00分~1時00分

銭櫃

住所:10491台北市中山區林森北路312號
電話:+886-2-2537-2235
営業時間:24時間

キューピット

住所:10491台北市中山區林森北路107巷 No. 23
電話:+886-2-2543-3558
営業時間:20時00分~1時00分

名度

住所:10491台北市中山區林森北路119巷25號

台北のキャバクラ遊びに最適なおすすめホテル

ローズブティックホテル (Rose Boutique Hotel)


ローズブティックホテルは林森北路にある3つ星ホテル。

KTVが密集しているエリアのど真ん中にありますので、夜遊びには最適。
徒歩30秒でどこかのカラオケ店にたどり着けます。


ロビーは重厚感のあるつくりで華やかです。


部屋はシンプルながらに明るい装飾がされていて気持ちよく過ごせます。


バス・トイレは可もなく不可もなく。

立地と内容の割には価格は安いので、お得なホテルだと思います。

>>>ローズブティックホテル(最低価格保証付きリンク)

リズ ホテル (Liz Hotel)


リズ ホテルは林森北路にある3つ星ホテルです。

飲屋街の真ん中にあるので、飲み歩きには最高の立地です。
基本はラブホテルとして利用されているようですが、宿泊用としても問題ないレベルです。


内装はとても可愛い造りになっていて、女子受けしそうな感じです。


部屋は質素ですが、清潔感があり良い感じです。
テレビの周りは暖炉のような造りになっていてオシャレ。


朝食は小さなバイキングでもりもり食べられます。

目の前にコンビニがあり便利です。

スタッフの対応が親切で日本語で話しかけてくれる人もいます。価格の割に部屋も満足できる内容です。

>>>リズ ホテル(最低価格保証付きリンク)

激安wifiレンタル限定クーポン

料金5%割引&受取手数料無料キャンペーン実施中! 世界200ヶ国以上で使える定額制レンタルWiFi。安心の固定料金で業界最安値!! お得なクーポンは以下のリンクからのみGETできます。

>>>海外レンタルwifi(限定クーポン付リンク)

5 件のコメント

  • 初めまして。台湾にはタイ人女性ばかりのKTVがあるのは本当でしょうか?内容はどの様な感じなのでしょうか?ご存知ありますでしょうか?

  • ご返事ありがとうございます。自分はタイに住んでいます。実は知り合いで台湾で働いているタイ人がいます。期間的には3週間から1ヶ月。彼女に聞くとキャバクラの様な飲み屋とだけ聞きました。タイ人が働くとしたらどの様な場所か気になりまして。タイ人だけではないKTVがあるという事かと推測したのですが、、、。

    • 定かではないですが、アメリカンパブではないでしょうか?米軍相手のパブです。
      あとはもしかすると、どこかのKTVにいるのかもしれないです。
      ただ、台湾で働く東南アジア系の人は不法就労のケースが多いみたいですよ。

      • 貴重な情報をありがとうございました。タイ人のみならずアジア系は色んな場所で働いてるみたいですね。サービスもピンキリ、実際何の仕事だか分かりませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です