台北で1万円以下!コスパ良しのオススメホテル10選!

近年、経済発展著しい国の一つとして挙げられるのが「台湾」です。
台北の都心部だと1億を超えるマンションも登場しており、既に安い国とは言えなくなってきています。

そんな台北で1万円前後で泊まれるコスパ良しのオススメホテルについて、料金相場や口コミなども交えて詳しくご紹介していきたいと思います。

地方へ行くならオススメ!人気の台北駅周辺エリア

ヴィア ホテル 台北 ステーション(Via Hotel Taipei Station)

ヴィアホテル台北ステーション台北駅のすぐ近くにあり、観光客が利用することが多いホテルです。内装はとてもシンプルですが、必要なアメニティが全て揃っているので困ることはありません。

ホテル周辺には台北公会堂新光人寿保険摩天大楼などがあり観光スポットも豊富です。さらにレストランやバーも多いため、夜出かけたい人にはおすすめのエリアです。MTRの駅も近いため、遠出も十分可能です。

ホテル自体に食事ができる場所はありませんが、近くにレストランが密集しているため困ることはありません。

ホテルの宿泊料金は8,000円前後でグルメな人が宿泊することが多いホテルです。

>>>ヴィアホテル台北ステーション(最低価格保証付きリンク)

Hotels.comで予約する
Expediaで予約する

ヨーク ホテル(York Hotel)

ヨーク ホテルは台北で格安に宿泊できるホテルの中でも有名なホテルです。台北の中心部に位置しており、台北駅から3分程度です。

ショッピングエリアにも近いのでショッピングしたい人が利用する人も多いです。松山空港までも20分なので移動も楽です。

客室はベッドやクローゼットがあり、無駄なものは一切ないのでシンプルですが快適に過ごせます。最低限のアメニティですが清潔感はあり、綺麗に保たれています。

ホテル周辺にはQスクエアや国立台湾博物館もあります。レストランもホテルから徒歩圏内にあり、ディナーをいただくことができます。

ホテル内にレストランがないので、外に出てレストランを探す必要がありますが、すぐ近くにたくさんのレストランがあるので簡単に見つけることができます。

宿泊料金は基本的に8,000円前後です。台北中心地のホテルの中では比較的優しい料金設定なので、是非とも予約したいホテルです。

>>>ヨーク ホテル(最低価格保証付きリンク)

hotels.comで予約する
Expediaで予約する

CityInnホテル台北駅支店II

モダンなホテルとしても有名なホテルですが、交通機関の駅が近いため、観光に適しているホテルです。

ホテル内はシンプルな造りですが、清潔感あふれる客室です。白い壁とウッドフロアが特徴的なホテルで人気が高いです。

ホテルからはQスクエアや寧夏夜市にアクセスしやすいので、観光地にいきたい人やグルメを楽しみたい人にはおすすめです。

ホテルにもレストランがないため、市場に行って食事をいただくことをおすすめします。

ホテルの宿泊料金は7,000円前後でコスパのいいホテルの中でもアクセスが良いので、観光をしたい人は予約すると良いでしょう。

>>>ヨーク ホテル(最低価格保証付きリンク)

Hotels.comで予約する
Expediaで予約する

ホテル プリ 台北 ステーション ブランチ

ホテル プリ 台北 ステーション ブランチは台北市の大同区にあるホテルで、台北駅からも徒歩圏なのでアクセスは問題ないホテルです。台北バスターミナルも近いため、アクセスのことを考えると最高のホテルと言えるでしょう。

ホテル内は白い空間が広がっており、防音対策なども行われているため、ホテル周辺がうるさくても快適に過ごせます。

観光ではナイトマーケットQスクエアが近くにあるので楽しむことができますし、遠出する際にもアクセスが良いので簡単に観光に行けます。

ホテルにレストランがついていないため、外のレストランを利用する必要があります。ホテルの近くにはスーパーや市場もあるため、そこでディナーを済ませることができます。

ホテルの宿泊料金は8,000円前後で、アクセスなどを考えると是非ともおすすめしたいホテルです。

>>>ホテル プリ 台北 ステーション ブランチ(最低価格保証付きリンク)

hotels.comで予約する
Expediaで予約する

買い物やカフェを楽しみたいなら中山区

ウィッシュ ホテル (Wish hotel)

ウィッシュホテル台北中心部にある居心地が良いホテルです。ホテル周辺にはショッピングエリアが多くあるため、女性からの人気も高いホテルとしても有名です。

ホテルにはレストランがありません。しかし、周辺にはレストランやバーがたくさんあるのでそちらでいただくことができます。

ホテルの客室はとても綺麗で広々としています。カップル旅におすすめしたいホテルで、宿泊料金は7,000円程度です。

>>>ウィッシュホテル(最低価格保証付きリンク)

Hotels.comで予約する
Expediaで予約する

忠孝復興駅エリア周辺

VIA ホテル 忠孝館(Via Hotel – Zhongxiao)

VIA ホテル 忠孝館は台北中心部のロケーションで台北観光するにはぴったりのホテルです。MTRの駅も徒歩圏内にあるので、他エリアへのアクセスも簡単です。

客室はエアコン完備でセーフティボックスやワークデスクもついています。落ち着いて過ごすことができるホテルなので、ビジネス目的で宿泊する人も多いです。

ホテルがある大安区グルメで知られており、ホテル周辺にもたくさんレストランがあります。グルメが好きな人はこのホテルに是非とも宿泊していただきたいです。

宿泊料金は9,000円と若干高くなっていますが、値段相応のクオリティのホテルと言えるでしょう。

>>>VIA ホテル 忠孝館(最低価格保証付きリンク)

hotels.comで予約する
Expediaで予約する

人気の夜市を楽しみたいなら士林区

タンゴ イン台北 基河(Tango Inn Taipei JiHe)

タンゴ イン台北 基河は台北市の士林区にあるホテルで夜市に行くのにはベストな立地にあるホテルです。MTRの駅も近くにあるので、遠出するにも便利です。

ホテル自体のクオリティはそこまで高くはありませんが、宿泊するにはぴったりのホテルです。バスアメニティも揃っているので、不自由することはないでしょう。

ホテルに宿泊した人は大抵夜市やレストランで食事を終える人が多いです。ロケーション的にはグルメ好きな人が集まる立地と言えるでしょう。

ホテルの宿泊料金は10,000円程度で見ていると良いでしょう。

>>>タンゴ イン台北 基河(最低価格保証付きリンク)

hotels.comで予約する
Expediaで予約する

南港周辺エリア

フォワード ホテル 台北 南港 (Forward Hotel Nangang)

フォワード ホテル 台北 南港は街中にある外装もモダンなホテルで、かなり分かりやすい外装をしているため、初めて宿泊する人もすぐに見つけることができます。

ホテルの内装はとても綺麗な内装で、カーペットフロアの客室が特徴的です。窓付と窓無しの客室を選ぶことができて、快適な時間を過ごせます。

夜市南港展覧館などの観光スポットにはアクセスしやすいホテルです。話題の台北101までも車で10分程度でアクセスしやすいです。

ホテル内にレストランがありビュッフェをいただけます。ホテルの近くにレストランも多数あるので、そちらを利用する人も多いです。

ホテルの宿泊料金は10,000円前後で、少し高めの価格設定ですが、サービスのクオリティは高いです。

>>>フォワード ホテル 台北 南港(最低価格保証付きリンク)

hotels.comで予約する
Expediaで予約する

蘆洲エリア

ラクル ホテル タイペイ(Lacle Hotel Taipei)

ラクル ホテル タイペイ蘆洲エリアで特に利用されることが多いホテルで、カーペットフロアやワードローブなどラグジュアリーな内装が特徴的なホテルです。

客室も同様の設計で清潔感が高く、窓からは台北の景色を一望することができます。必要なアメニティも揃っているので、快適に過ごせます。

ホテルの近くにはMRTの駅台北孔廟があり、移動をするにも観光するにも便利な立地です。夜市やレストランも多いため、食事に困ることはありません。

ホテルの宿泊料金は10,000円前後で宿泊することができます。

>>>ラクル ホテル タイペイ(最低価格保証付きリンク)

hotels.comで予約する
Expediaで予約する

三重区エリア

パビリオン ブティック ホテル (Pavilion Boutique Hotel)

パビリオン ブティック ホテル三重区エリアにあるホテルの中でも立地が抜群に良いホテルです。クラシックな客室が人気で多くの人が宿泊します。

MTRの駅も近いのでアクセスに関しても問題はありません。夜市台北孔廟がホテルから近いので、散策するのも楽しいです。

ホテルのスタッフの中には日本語を話すことができるスタッフもいるので、日本人も安心して宿泊できます。

宿泊料金は9,000円前後が平均です。しかし、このエリアの中では最もオススメできるホテルです。

>>>パビリオン ブティック ホテル(最低価格保証付きリンク)

Hotels.comで予約する
Expediaで予約する

おススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アジアの熱気に魅せられてから、かれこれ10年ほど各地を旅する。大企業に勤めながら副業で月収100万円達成。移住も視野に入れつつ、旅行系ビジネスなどで独立を模索中の39歳。