マニラで夜遊びに最適なホテルをエリア別に厳選(口コミとレビュー)【2018年最新版】

マニラの夜遊びに適したホテルとは?

マニラといえば、昼の観光以外にもやはり夜での遊びを満喫したい。そう思っている方も多いことでしょう。せっかくの夜を楽しむためにも拠点はしっかりとしたところを抑えておきたいですよね。

ここでは、

  • マニラの夜遊びについて(概要のみ)
  • マニラでホテルを選ぶ際の注意点

エリアごとに

  • エルミタ・マラテのおすすめホテル
  • マカティのおすすめホテル
  • パサイ・湾岸のおすすめホテル

を詳しくご紹介していきたいと思います。

それでは各エリア別に夜遊びの観点から最適なホテルをいくつかご紹介していきます。

なお、今回ご紹介するマニラのホテルでは、1人の宿泊料金で女性を連れ込むことができます。受付でIDの提示と名前の記入をして入館となるので、未成年などの不審な女性の場合、一緒に入れないため、セキュリティ上も安心です。

マニラの夜遊びについて

マニラの夜遊びと一口に言っても色々あるし、ここでは触り程度のみご紹介しておく。

エルミタ・マラテエリア


世界最恐の街と言われるゆえんとなっているのが、このエルミタ・マラテ地区の治安の悪さから来ている。詐欺やタカリの類は当たり前だし、夜道ではピストルまで出てくる始末。中にはマリファナを売ってこようとする輩も。殺傷事件も度々発生しているし、ローカルのアッパー層は近づかないエリア。

元々はゴーゴーバーが100軒ほど軒を連ねるような一大歓楽街であったが、当時の市長の方針によりゴーゴーバーは一掃される。

しかしながら、今でもマニラ一の歓楽街であることに変わりはなく、「カラオケ(KTV)」「カラ置屋」「出会いカフェ(LAカフェ)」「カジノ」「クラブ」などなど、男心をくすぐる夜のエンターテインメントが豊富なエリアである。ただし、本当に危険なので注意が必要だ。

マカティエリア


マカティはマニラの中でも、高級住宅街が集まるエリアである。日本人駐在員もこのエリアに多く住んでいる。リトル東京と呼ばれる、いわゆる日本人街のような飲み屋街も存在するエリアなので、食事に不安のある人でも安心である。

高級住宅街だけあって治安はマニラの中でもすこぶる良い部類に入る。しかし、この一角に「ブルゴス通り」というゴーゴーバーやマッサージ店が密集した通りが存在する。また日本人向けカラオケ店も近くに点在している。

どちらかといえば白人が遊んでいるイメージのある街ではある。

パサイ・湾岸エリア


パサイと言えば「エドゥサ・コンプレックス(通称エドコン)」が有名だ。エドコンはゴーゴーバーが7軒ほど連なって営業している複合エンターテインメント施設である。

また近年の国策である湾岸カジノ構想で、ドデカいカジノ併設のホテルが建設されている。あまり知られていませんが、マニラはアジアの中ではカジノで1、2位を争う規模になると言われています。カジノで豪遊したい人にもおススメできるエリア。空港に近いのもポイントである。

一応、エリアごとに分けたが、タクシーであればそれぞれ20分~30分程度で着く距離なので、遊ぶ場所を臨機応変に変えるということも可能ではあるので、そこまで神経質になる必要はないが、初めからメインにする場所が決まっているのであれば、当然近いホテルを選ぶ方が効率は良い。

マニラの夜遊びについて、さらに興味のある方は下記の記事で詳しく紹介していますので参照してください。

マニラでホテルを選ぶ際の注意点

ホテル選びについてはなり好みが分かれるところだと思います。当方は基本的にコスパ重視です。同じお金であればホテル代に使うよりも遊び代に使いたいですからね。ただしマニラの場合、あまりに安いホテルだと、想像を絶するようなとんでもない部屋になります。

例えば、よくあるのは

  • シャワーが水しか出ない。
  • ゴキブリだらけ(本当に一杯出てきます)
  • 全体的に不潔
  • ベッドで寝ると体が痒くなる
  • セキュリティがちょっと不安

と、もう私は散々安いホテルに泊まった経験があるので色々と経験しています。

シャワーが水しか出ないのは大した事ではないのですが地味にストレスになりますし、不潔な環境なのは日本人には耐えがたいものがあります。現地の子達は部屋の様子を目の当たりにしても平然としてますけどね。

これらも過ぎてしまえば話のネタにもなりますが、正直その時は笑えないですよ(汗)

いわゆる日本人が満足できるレベルとなると、マニラでは最低でも4,000円程度は出した方が良いです。
ホテルではゆっくり休んで次の日の遊びに備えたいですね。

エルミタ・マラテのおすすめホテル

レッド・プラネットホテル・マビニ(Red Planet Hotel mabini)


エルミタとマラテのちょうど間くらいにあるレッド・プラネットホテル・マビニ。旧チューンホテルで、マカティにもあります。赤と白の特徴的なホテルです。LCCのエアアジア系列なのでコスパ重視。1泊3,500円程度の割には、建物も部屋も新しいし、清潔感があるし、シャンプー・石鹸・ドライヤーも付いており、かなりコスパは良いです。

リーズナブルな金額で5つ星クラスのベッドとホットシャワーを提供するというのがコンセプトだそうです。難点としてはシングルルームは少し狭いので、広々とした部屋がお好きな方はもう少しグレードを上げましょう。

現地人は入り口のセキュリティでIDを預ける必要があるため、宿泊していない不審人物は入館できないようになっているのでセキュリティ面も安心です。

LAカフェも、各カラオケ店も近く、徒歩5分圏内でエルミタの遊びは完結できるのが魅力。

>>>レッド・プラネットホテル・マビニ(最低価格保証付きリンク)

スワグマンホテル(Swagman Hotel Manila)


エルミタ地区の中でも北部に位置するスワグマンホテル。1泊5,000円くらい。建物自体は新しくはないが、必要なものは揃っている。
1階が味のあるアメリカンなレストランバーになっている。

毎朝、アンヘレス行きのバスがホテルの目の前から出発するのでアンヘレスも旅行計画に入れている場合は便利。

>>>スワグマンホテル(最低価格保証付きリンク)

アメリホテルマニラ(Amelie Hotel Manila)


中級ホテルに該当するアメリホテルマニラ。エルミタの中心に位置する。ロビンソンモールから徒歩3分と立地も良く、設備も新しい。屋外プールもあるので昼間の時間つぶしにも最高。価格の割にコスパは高い。

>>>アメリホテルマニラ(最低価格保証付きリンク)

エグゼクティブ・プラザ・ホテル(The Executive Plaza Hotel)


こちらもニューワールドホテルの向かいと立地が良いエグゼクティブ・プラザ・ホテル。建物も新しく設備も申し分ない。徒歩5分圏内でほとんどのエルミタの夜遊びが可能である。隣にセブンイレブン、近くに安い両替もあり、価格の割にコスパは高い。

>>>エグゼクティブ・プラザ・ホテル(最低価格保証付きリンク)

ニューワールドマニラベイホテル(New World Hotel)


文句なしに一流ホテルと言えるニューワールドマニラベイホテル。旧ハイアットリージェンシーホテル。1泊2万円は超えます。遠くから見ても判るくらいデカイ。文句なくマニラ内では1流ホテルの一つである。

1階が大型カジノ、LAカフェまで200m、目の前には日本食居酒屋とカラオケ店、マラテのカラオケ通りも近い。
当然ながらエントランスのセキュリティも万全。

このレベルのホテルであれば女の子も喜ぶであろうこと間違いなし。とエルミタで夜遊びするにはほぼ最強のホテル。

>>>ニューワールドマニラベイホテル(最低価格保証付きリンク)

マカティのおすすめホテル

レッド・プラネットホテル・マカティ(Red Planet Hotel makati)


レッドプラネットマカティ。旧チューンホテルで、エルミタにもあります。赤と白の特徴的なホテルです。LCCのエアアジア系列なのでコスパ重視。1泊3,500円程度の割には、建物も部屋も新しいし、清潔感があるし、シャンプー・石鹸・ドライヤーも付いており、かなりコスパは良いです。

リーズナブルな金額で5つ星クラスのベッドとホットシャワーを提供するというのがコンセプトだそうです。難点としてはシングルルームは少し狭いので、広々とした部屋がお好きな方はもう少しグレードを上げましょう。


現地人は入り口のセキュリティでIDを預ける必要があるため、宿泊していない不審人物は入館できないようになっているのでセキュリティ面も安心です。

ブルゴス通りの奥の方にあり、徒歩10分以内で全てのゴーゴーバーへ行くことが可能な立地。

>>>レッドプラネットマカティ(最低価格保証付きリンク)

マカティパレスホテル(Makati Palace Hotel)


まさにブルゴス通りのど真ん中にあるマカティパレスホテル。ホテルを出て数秒でメイン通りに出られるので立地は文句なし。ゴーゴーバーも目の前です。

メインストリートから少し裏に入ったところにあるので、深夜の騒音も酷くない。少し古さも感じられるが内容としては間違いなく4つ星ホテル。価格の割にコスパは良い。

>>>マカティパレスホテル(最低価格保証付きリンク)

パサイ・湾岸のおすすめホテル

ヘリテージホテル(Heritage Hotel)


ヘリテージホテル。何と言っても「エドコン」の向かいにあるのが最大の利点。昔はカジノも併設されていたが、今は閉鎖中。
建物自体は決して新しくはないが、高級ホテルの部類に入るだけあって内装は豪華。空港にも近い。

>>>ヘリテージホテル(最低価格保証付きリンク)

ミダスホテル(Midas Hotel and Casino agoda)


海岸通り沿いにあるミダスホテル。「エドコン」も徒歩圏内にあるので、ふらっと行くことも可能だ。

部屋は広く清潔感もあり快適。少し老朽化している感も否めないが、価格を考えると妥当。近辺のカジノホテルの中では最安値である。

>>>ミダスホテル(最低価格保証付きリンク)

ハイアットシティオブドリームズ マニラ(Hyatt City of Dreams Manila)


泣く子も黙るハイアットシティオブドリームス マニラ。マカオにもあるシティオブドリームス系列のカジノに併設されている。外観はどことなく中国人が好みそうな印象。

シティオブドリームズは10万円くらいの低予算からでも遊べる設定になっているので、初心者の方でも遊びやすいと思う。

>>>ハイアットシティオブドリームス マニラ(最低価格保証付きリンク)

オカダマニラ(Okada Manila)


同じく湾岸沿いにあるオカダマニラ。こちらもカジノ併設のホテル。2017年3月にグランドオープンしたばかりの新築ホテル。3ヶ月先まで予約で埋まってたりします。名前から分かるように、実は史上初の日本人オーナーが経営するホテルです。オーナーは、ユニバーサルエンターテインメント会長の岡田和生氏。ユニバーサル社はカジノに器材も提供しています。

このホテル、とにかく豪華。レストラン、部屋、プール、エンターテインメントなどすべてにおいて超一流です。ここなら外に出る必要がないかも。
豪遊したい方は是非このホテルで遊んでみてください。

>>>オカダマニラ(最低価格保証付きリンク)

マニラのホテル選びまとめ

バンコクなどと比較するとマニラのホテルはコスパが悪いと思います。同じ金額で宿泊したら、設備や清潔さなどの面で、バンコクのホテルの方が一段上のランクに泊まれますので。

セキュリティ面を考えてもマニラでは若干高めの相場と考えておいた方が無難だと思います。

上記以外にも下記のホテル予約サイトでは多数ホテルを取り揃えています。連泊すると割引になったり、10泊すると1泊無料になったりするので上手く使うとお得です。

中でもおススメなのは「agoda」です。理由は東南アジアに強いからです。全体のホテル掲載数は同じでも、東南アジアに限定すると軒数が多いのはagodaです。そして、ホテルとも直接契約のため、他サイトと比較すると金額も安いです。
そして下記の通り、最低価格保証制度があります。

<アゴダ®最低価格保証>
当社は常にお客様に「アゴダ®最低価格保証」を提供しております。アゴダウェブサイトからホテルをご予約後、他のサイトにおいて、お客様が予約されたお部屋と同等のお部屋を同じお日にちで、アゴダが提供する価格より安い価格で予約できたことをご報告いただいた場合、それと同じ価格もしくはさらに安い価格を提供いたします。

まるでビックカメラかヨドバシカメラのようですが、確実に最安値で予約可能です。

おすすめのホテル予約サイト

以下がおすすめのホテル予約サイトです。

→最大75%OFF【Agoda】
Agoda.com は、世界20カ国以上から集まった1, 400人を超える多国籍スタッフが運営するホテル予約サイトです。 現在では750,000+軒以上のホテル・ヴィラ・アパートメントなどを取り扱っています。東南アジアに強いと定評のあるホテル予約サイトです。

→エクスペディア
国内も海外も、世界中3万以上の都市のホテルをおトクな価格で。お支払いに使えるエクスペディアのポイントも貯まります。
毎週火曜~木曜は断然お得なタイムセール開催中!航空券の予約とセットにするとホテルの割引が受けられる。

→★Hotels.com★アジアのホテルがお得!
Hotels.com は世界 70 か国以上の430,000 軒以上のホテル予約が可能な世界最大級のオンライン宿泊予約サイトです。通算10泊貯めると1泊分の無料*特典がもらえるのはHotels.comだけ!

激安wifiレンタル限定クーポン

料金5%割引&受取手数料無料キャンペーン実施中! 世界200ヶ国以上で使える定額制レンタルWiFi。安心の固定料金で業界最安値!! お得なクーポンは以下のリンクからのみGETできます。

>>>海外レンタルwifi(限定クーポン付リンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アジアの熱気に魅せられてから、かれこれ10年ほど各地を旅する。大企業に勤めながら副業で月収100万円達成。移住も視野に入れつつ、旅行系ビジネスなどで独立を模索中の39歳。