カオサンで絶対に行きたいおすすめのレストラン7選!

バックパッカーの聖地とも言われているカオサンですが、今や現地の若者も集まるオシャレスポットとなっています。

そうなると当然、美味しいレストランや屋台なども集まってきます。

ここでは、カオサンで絶対に行きたいおススメのレストランについて詳しくご紹介していきたいと思います。

バックパッカーの聖地「カオサン通り」の正しい歩き方についてはこちらも参考にどうぞ。

カオサンのおススメのレストランマップ

  1. TOM YUM KUNG(トムヤムクン)
  2. ティップサマイ・パッタイ・プラトゥーピー
  3. コーイー(โกยี)
  4. アイサ・ロッディー(อาอีซะฮ์ รสดี)
  5. ローティ マタバ(โรตีมะตะบะ)
  6. 日本一番(Nippon Ichiban)
  7. Taste of India(テイスト オブ インディア)

いわゆるカオサンのメインストリート付近に集まっていますが、少し離れた場所にあるレストランもあります。
いずれも有名で味は折り紙つきなので是非行ってみてくださいね。

①TOM YUM KUNG(トムヤムクン)

カオサンロードの中では特に人気の高いカオサンロードにある、名前の通り「トムヤムクン」が美味しいお店です。

「TATOO」という大きな看板の横にある「TOM YUM KUNG」という看板を目印にするとアクセスしやすいです。

セブンイレブンの横の路地を抜けたところにあるレストランで、様々なタイ料理をいただけます。店内とテラス席がありますが、日差しを避けて店内席でいただく人が多いです。

店内にはビリヤードやダーツもあるので、夜は賑わっています。

トムヤムクンと一緒にシンハービールを頼む人も多く、カオサンロードの夜を楽しみたい人には欠かせないレストランです。

トムヤムクンはサイズによって価格帯が変わりますが、一つ180バーツです。レストランのメニューも英語表記なので、日本人でも注文しやすいです。

レストランの営業時間は11:00~25:00までなので、夜遅くにカオサンロードに訪れても料理を食べレます。定休日はないので、カオサンロードに訪れた際にはのぞいてみましょう。

②ティップサマイ・パッタイ・プラトゥーピー

カオサンロードから少し離れていますが、バンコクでパッタイを食べるならこのお店を訪れた方が良いでしょう。

「ティップマサイ」と言えば現地の人もわかるので、道に迷ったら現地の人に聞いてみると良いでしょう。

基本的にバンコクは屋台やレストランが多いので、混雑することは少ないですがティップマサイは行右列ができるほどの人気です。

昼夜関係なく混雑しているので待つことを予定に入れて訪れましょう。

並ぶほど美味しいパッタイで、他のお店のパッタイとは異なります。外国人観光客も多く訪れるので、英語表記のメニューです。

パッタイも注文してからすぐに運ばれてくるので、できたてのパッタイをいただくことが出来ます。店に入るまでは時間がかかりますが、店に入ってからはスムーズです。

アクセスは基本的にタクシーを活用する人が多いです。バンコクに訪れた際には是非とも訪れたいお店の一つです。

深夜の2時まで営業しているので、カオサンロードに近くに宿泊している人は遅い時間に訪れて混雑を避けるのも一つの手段です。

③コーイー(โกยี)

カオサンロードから徒歩5分程度の位置にあるレストランです。ブラスメン通りにあるレストランでカオサンロードからはアクセスしやすいです。

「カオパッド」が人気のレストランでカオサンロードをよく知っている人は知らない人がいないほどです。

野菜も多く入っており、とてもヘルシーです。味付けもそこまで辛くなく野菜も甘いので、日本人の口にも合う料理です。

カオパッドの価格も50バーツでバックパッカーにも優しい価格設定になっています。金銭面で余裕がなく、貧乏旅をしている人にはおすすめのレストランです。

定休日が水曜日でレストランの営業時間も7:00~16:30と短いので注意が必要です。昼時に行くとタイ人の客も多く混雑しています。

④アイサ・ロッディー(อาอีซะฮ์ รสดี)

バンコクにいると、タイ料理ばかりを食すことになり他の料理が食べたい気持ちになることもあります。

そんな時におすすめなのがアイサ・ロッディーです。イスラム料理を中心として取り扱っており、日本人に合った味付けで美味しいです。

特に人気なのが、「カオモックヌア」という料理です。ドライカレーのようなご飯とイスラム料理の味付けがされた牛肉が特徴の料理です。

日本ではなかなか見かけない料理でスパイスもきいています。カレー風味の料理でビールとの相性にもぴったりです。

定休日はなく、営業時間は8:00~23:00となっていますが、人気のレストランなので15:00に売り切れてしまうこともあるようです。

もし、行ってみたいと思った人は早い時間に行くことをおすすめします。

カオサンロードから少し歩いたサイドマーケットの位置にあるので、アクセスも不便ではありません。

⑤ローティ マタバ(โรตีมะตะบะ)

カオサンロードからは少し離れているレストランでこじんまりとしているレストランです。食事ができる席が5席のみなので、混雑することも多いです。

しかし、テイクアウトできるので持ち帰って宿でいただくという人も多いです。そのため、テイクアウトを含めて行列が出来ています。

並ぶ時は30分以上待つので。レストラン内の5席が空くのを待つよりもテイクアウトすることをおすすめします。

レストランの名前にもなっている「ローティマタバ」はこのレストランのおすすめ料理の名前です。マタバという料理は餃子のような料理で皮の中には、カレー風味の具材が入っています。

スパイスが効いた料理でタイの屋台ではスナック菓子として売られています。

そのため、このレストランでも振舞われている量はそこまで多くはありません。おなかいっぱい食べたい時ではなく、ちょっと小腹を空いた時に行くようにしましょう。

営業時間は9:00~22:00で定休日はありません。日が落ちてカオサンロードが盛り上がる時間帯に歩いて、散歩がてらに訪れるのが良いでしょう。

⑥日本一番(Nippon Ichiban)

カオサンロードに行ったことがある人なら一度はみたことがある「日本一番」がトレードマークのレストランです。

正真正銘の日本食レストランで、欧米文化とタイの文化が混ざり合っている素敵な空間です。タイに長期滞在していると日本料理が恋しくなる時があるでしょう。

そんな時には「日本一番」でお腹を満たしましょう。日本の家庭料理からラーメンまで多くの和食料理を楽しめるレストランです。

店舗の入り口には暖簾がかかっており、店内も日本仕様です。タイ料理に口が慣れてしまったという人は訪れてみても良いでしょう。

カオサンロードにあるので、アクセスに関しては問題ないでしょう。

タイの滞在が長く日本の味が恋しくなった人は訪れてみると良いでしょう。

⑦Taste of India(テイスト オブ インディア)

カオサンロードでインド料理を食べたいという人におすすめのレストランです。肉料理やナンなどもメニューにあるので本格的な料理です。

「INDIAN FOOD」という看板が目印のお店でお店の外装自体はギラギラしていますが、レストランの中は落ち着いています。

料理の価格帯も100バーツから200バーツなので、かなり安価で料理をいただくことができます。レストランのオーナーがとても陽気で、料理の質も高いです。

カオサンロードは比較的騒音でうるさいイメージですが、このレストランは大きな音で音楽をかけていません。

タイでタイ料理に飽きてしまった時はインド料理を食べにテイストオブインディアに行ってみても良いのではないでしょうか。

カオサンのおすすめレストランまとめ

伝統のタイ料理はもちろん、世界中から旅人が集まる場所だけあって各国の料理も集まっています。
レストランだけでなく、周辺に屋台も出店されているので、激安フードにもありつけるでしょう。

カオサンで泊まってみたい厳選ホテルとゲストハウスについてはこちらも参考にどうぞ。

バンコクのおすすめレストランについてはこちらも参考にどうぞ。

おススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アジアの熱気に魅せられてから、かれこれ10年ほど各地を旅する。大企業に勤めながら副業で月収100万円達成。移住も視野に入れつつ、旅行系ビジネスなどで独立を模索中の39歳。