ソウルのカジノ一覧と行く前に知っておきたい事【2024年最新版】

韓国でカジノというと、なかなかイメージが付かない人もいるかもしれませんが、実は韓国はカジノ大国で、韓国国内だけで、ソウル、釜山、チェジュ、インチョンに16店舗あります。シンガポールのカジノができる遥か前(1967年)から外国人向けに運営していますので、アジアの中では老舗の部類に入ります。

成田から2時間半、関西から2時間、博多からであれば1時間程度と、ある意味国内旅行よりも近いですから、気軽にカジノに遊びに行ける立地といえます。

そのため、日本人プレイヤーの姿も多く見かけると思います。

今回は

  • ソウルのカジノで遊ぶ前に知っておきたいこと
  • ソウルのカジノ一覧と場所
  • ソウルのカジノ遊びに最適なホテル

について詳しくご紹介したいと思います。

本コンテンツはdeep-asia-tripが独自に制作しています。メーカー等のPRを含む内容となっていますが、コンテンツの内容やランキングの決定には一切関与していません。

ソウルのカジノで遊ぶ前に知っておきたいこと

ソウルのカジノの特徴

カジノはそれぞれの国によって、年齢制限やもちものなども異なってきます。ドレスコードなどもあるため、それぞれの国の基準を把握しておく必要があります。

韓国のカジノは国家プロジェクトとして進められており、韓国国内の多くの資本を利用されて作られています。

韓国国内では、入場は19歳以上となっています。パスポートで年齢チェックをするため、パスポートを持っていかないと入場することができません。

また、世界的にもドレスコードを気にする国も多いですが、韓国はカジュアルな服装でなければ入場することは可能です。ビーチサンダルやショートパンツなどを着ていかなければ大丈夫です。

韓国国内のカジノは日本に対してもしっかりとしたサービスを提供してくれるカジノが多いため、日本語を話すことができるスタッフも多いです。そのため、ソウル内のカジノは比較的日本人でカジノ初心者でも利用しやすいカジノと呼べるでしょう。

ポイントカードを作ろう

セブンラックグループには、セブンラックメンバーシップカードというポイントカードがあり、入場時に無料で発行することができます。
同様にパラダイスグループにも、パラダイスメンバーシップカードというものがあります。

メンバーズカードを持っているとパスポートの期限内であれば、パスポートの提示無しで入場できます。

どういうわけか、入場時に誰も教えてくれませんので、自ら発行したいことを伝えましょう。

このカードをゲーム開始前に提示すると、ゲームの履歴を記録することができます。ゲーム終了後の振り返りにも使えます。

特典としては、オークウッド、ミレニアムソウルヒルトンホテル、ロッテホテル本店で10%割引が受けられたり、ポイントを貯めるとコリアパス前払いカードというものに交換ができるので、それを使って食事は無料で食べることができます。

日本円からチップに交換可能

意外と知られてませんが、ソウルのカジノでは日本円から直接チップへの交換が可能です。

日本円⇒韓国ウォン⇒チップ としてしまうと、両替時のマージンが無駄です。チップから日本円に戻すことも可能なため、ある程度の金額を使う予定の人は覚えておいた方がお得な裏ワザになります。

韓国カジノのベット額は?

だいたい似たようなベット額にはなっていますが、系列によって少し異なります。

パラダイスカジノのベット額

ゲーム名 ミニマムベット額 マックスベット額
バカラ 30,000 20,000,000
ブラックジャック 10,000 20,000
ルーレット 2,500 3,000,000
大小(タイサイ) 5,000 2,000,000
3カードポーカー 10,000 10,000,000
カリビアンスタッドポーカー 10,000 10,000,000
テキサスホールデム 10,000 10,000,000

※単位ウォン

セブンラックカジノのベット額

ゲーム名 ミニマムベット額 マックスベット額
ミニバカラ 10,000 5,000,000
ブラックジャック 10,000 5,000,000
ルーレット 2,500 1,000,000
大小(タイサイ) 5,000 2,000,000
スリーカードポーカー 30,000 1,000,000
カジノウォー 10,000 500,000

※単位ウォン

ざっくり言うと、250円~1,000円で1ゲームできますので、3万円~5万円程度の予算で、2~3時間くらいは遊べるでしょう。
日本でパチンコやスロットをやっている人であれば似たような感覚で楽しめるかと思います。

ソウルのカジノ一覧


ソウルにはソウル市内に3軒と空港近くに1軒のカジノがあります。
大きく分けると「セブンラック」系列と「パラダイス」系列の二つと、新たにできた米資本の「インスパイア」になります。

  1. セブンラックカジノ・ソウルヒルトン
  2. セブンラックカジノ・ソウル江南
  3. パラダイスカジノ・ウォーカーヒル
  4. パラダイスカジノ・仁川
  5. インスパイアカジノ

それぞれ詳しくご紹介していきたいと思います。

①セブンラックカジノ・ソウルヒルトン

セブンラックカジノは明洞駅近くのミレニアムヒルトンホテルにあります。

ここは初心者でも楽しむことができるカジノとして有名で、初めてカジノを利用するという人は最初に訪れるべきカジノとも言えるでしょう。

韓国にあるカジノの中でも最も本場のラスベガスに近いカジノと言ますが、フロアは小さめです。

フロア内はゲーム別に分かれており、ゲームの種類は

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • スリーカードポーカー
  • ルーレット
  • タイサイ
  • カジノウォー
  • テーブルゲーム
  • マシンゲーム

となっています。


セブンラックカジノの魅力として観光地の近くにあることが挙げられます。ソウル中心地にあるため、立ち寄りやすいため多くの人が訪れます。

また、カジノというと男性客が多いイメージですが、セブンラックカジノは女性客の方が多いこともあります。それだけ女性客が訪れやすいスポットでもあります。

現地の人は入場禁止で観光客しか訪れることができないため、中国系の人々が多いカジノとなっています。日本語を話すことができるスタッフやディーラーもいるため、日本人も安心して楽しむことができます。

セブンラックカジノではしばしばゲスト同士の言い争いなどもあります。これはベットするしないの言い争いによるものとなっており、こういったトラブルに遭わないようにしなければいけません。

文句を言ってくる人がいてもあまり気にせずに無視して楽しめば何の問題もありません。

②セブンラックカジノ・ソウル江南

こちらもセブンラックカジノ系列の店舗です。江南エリアに関しては今現在ソウルの中でも特に人気のエリアとなっています。多くの人が訪れるエリアとなっているため、カジノも人気のスポットとなっています。

また、若者に人気のエリアなのでカジノの中も他のカジノと比較すると若い層が多く遊んでいることが多いです。

遊べるゲームは

  • ミニバカラ
  • ブラックジャック
  • カリビアンスタッドポーカー
  • スリーカードポーカー
  • テキサスホールデムポーカー
  • タイサイ
  • ルーレット

となっています。

訪れる客層は中国人が多く、ヨーロッパ系の観光客も訪れることが多いです。

セブンラックカジノ全般に言えることですが、比較的ビギナーでも利用しやすいカジノとなっており、初心者にも優しいカジノとなっています。

交換レートも悪くはないため、ここで両替を行う人も多いです。店舗の大きさで言うと他のカジノには劣るかもしれませんが、それでも十分な広さを保っているカジノとなっています。

カジノのロケーション的にも立ち寄りやすい場所にあり、初心者にも寄りやすいカジノなのでソウルの中で迷った場合やカジノ初心者の方はこのカジノを利用してみると良いかもしれません。

③パラダイスカジノ・ウォーカーヒル

グランドウォーカーヒルホテルに併設されている韓国の中でもたくさんのカジノを運営しているパラダイスインターナショナルグループのカジノです。ソウルで初めて政府公認のカジノとしてオープンされたカジノということで信頼も厚いです。

パラダイスカジノのグループは韓国の中にもたくさんカジノを建設しており、この系列のカジノは韓国の中でも人気があるカジノとなっています。ソウル以外でも見つけることがあると思うので覚えておくとよいでしょう。

遊べるゲームの種類は

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • 3カードポーカー
  • カリビアンスタッドポーカー
  • ルーレット
  • タイサイ
  • ビッグホイール
  • テキサスホールデムポーカー
  • カジノウォー

となります。

パラダイスカジノ系列は基本的に服装に関してもそこまで厳しくないため、Tシャツにジーンズでいる人もいます。

カジノ内のレートもそこまで悪くはありません。カジノ内での両替で問題ないでしょう。クレジットカードも利用は可能ですが、チップ購入の際には3%の手数料が掛かってしまうので注意が必要です。

もちろん、ゲームの間は軽食なども無料でいただくことができます。

店舗の大きさはセブンラックカジノには敵わないものの、十分な大きさのカジノとなっています。

カジノ以外にもディナーショーやゲーム大会なども行われており、ギャンブル以外にもエンターテインメント性に優れた施設となっています。

隣接しているホテル内には多くのショッピング施設もあるため、カジノで買った人はここでショッピングを楽しむの良いかもしれません。

④パラダイスカジノ・仁川

最近は電車内CMで広末涼子が出ているのを目にしたことがある方もいるかと思います。
広告では法律の問題でカジノとは一切表現されてないので、何の広告なのかわからないかもしれませんが。
実はセガサミーグループも出資しているので、日系資本も関わりがあります。

仁川空港から程近い場所にあるカジノで、仁川空港からは無料シャトルバスも出ており、アクセスに困ることもないでしょう。2017年にオープンされたため比較的新しいカジノと言えるでしょう。


ホテル自体もそこまで大きくなく入口もそこまで豪華というわけではないため、期待できないという人も多いですが、中に入ってみると想像もつかないくらいの大きなフロアが広がっています。

草間弥生のオブジェが入り口にあったりと、どことなくバブリーな雰囲気です。

基本的にプレイヤーとして訪れているのは中国人が多く、日中から盛り上がっている時もあります。日本人もまあまあ多いです。

レートもそこまで悪いわけではないので、カジノについてから両替をするのも一つの手段と言えるでしょう。

遊べるゲームは

  • ルーレット
  • ビッグホイール
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • 3カードポーカー
  • スロット
  • テキサスホールデム

となります。

パラダイスカジノ仁川が入っているパラダイスシティは大型のアミューズメント施設にもなっているため、カジノ以外のアミューズメントも多いです。そのため、多くの家族連れが訪れる施設でもあるため、親がカジノで遊んでいることが多いです。

また、施設内にはバーやレストランが隣接されており、そちらで休憩もできます。水やおしぼりも無料で利用できるバーがあります。スマートフォンも充電できるロッカーなども完備されており、ゲストを迎え入れる準備は完璧です。

ミニマムベットの金額もほかのカジノよりは低い設定金額となっており、初心者でも手を出しやすいカジノの一つと言えるでしょう。

2018年の9月には新しい施設もオープンするため、ますます客入りが激しくなりそうです。
エンターテインメント性に優れた環境で過ごしたいのであれば、このカジノを利用することをおすすめします。

⑤インスパイアカジノ・仁川

 

この投稿をInstagramで見る

 

水野徹(@kaimanahead)がシェアした投稿


2024年2月にオープンした最も新しいカジノ施設。韓国では初の外国資本である米モヒガン社が建設した世界屈指の統合リゾート施設の中にあります。
多目的屋内ウォーターパーク「スプラッシュベイ」や、屋外エンターテインメント施設である「ディスカバリーパーク」なども併設されています。

150台のゲームテーブル、390台のスロットマシン、最新型ETG(電子テーブルゲーム)が2基とかなりの大規模。
設備はとにかく新しく、今までにない体験ができるでしょう。

仁川国際空港の海側のすぐ隣にあり、カジノをメインの渡韓の目的としている方にはぴったりではないでしょうか。

ソウルのカジノまとめ

日本からも近く、レートもそこまで高くないため、非常に遊びやすい条件が整っており、初心者でも行きやすいと言えます。

また比較的、街中や空港の近くなどアクセスの良い場所にあるので、観光のついでに遊びに行くというのもアリだと思います。

その他アジア各国のカジノについてはこちらも参考にどうぞ。

おススメの関連記事
カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アジアの熱気に魅せられてから、かれこれ10年ほど各地を旅する。大企業に勤めながら副業で最高月売上300万円達成。移住も視野に入れつつ、旅行系ビジネスなどで独立を模索中の42歳。 YouTube始めました!