プーケットにあるピピ島がやばいくらい綺麗だった件について

「ザ・南の島」とも言えるプーケットの近くにのアンダマン海にぽっかり浮かぶ「ピピ島(英語:Phiphi island、タイ語:koh PhiPhi)」に行ってきました。絵に描いたような青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜。もう何もいうことはありません。

そんなピピ島について

  • ピピ島の場所と行き方
  • ピピ島おススメの場所

について詳しくご紹介していきたいと思います。

ピピ島とは?

ピピ島とはクラビー県にあるピピ諸島のことです。諸島ですから島がいくつかあります。
いわゆる「ピピ島」と言われているのは「ピピ・レイ島」または「ピピ・ドン島」のことを差します。

いずれもプーケット島から船で2時間ほどいったところにある小さな島です。

レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台になったことから一気に世界中で知名度が上がり、世界でも有名な観光地の一つとなりました。

映画ではパンガン島の隣ということになっていますが、実際にはプーケット島の隣です。

ザ・ビーチのトレーラー


まだ映画をみていない方は、観てから行った方がより楽しめます。
今なら31日間無料お試し可能です。ネットですぐに観れますよ^^
↓↓↓↓↓


映画の舞台になっただけで、観光客が激増し、元々農業を営んでいた人達が観光業に鞍替えしたそうです。
島民の収入は激増したが、物価も激増。場合によっては本土よりも高いとか。ディカプリオ恐るべしですね^^;

映画では大麻畑が広がっていましたが、実際にはあるのかないのか・・・タイの中では比較的入手しやすい場所のようなので、もしかするとどこかにあるのかもしれませんね。

ピピ島の場所と行き方


ピピ島はタイの中でもかなり南にあります。地理的にはマレーシアの国境に近いので、マレーシア文化も少し混ざっているイメージがあり、実際、住民の中にはイスラム系の人もいます。

現在、日本からプーケットへの直行便はありませんので、バンコクかクアラルンプール経由でプーケットに入り、そこから船でピピ島へ行くのがもっともオーソドックスな方法となります。

プーケットとは反対側のクラビから船で行くという方法もあります。プーケットの街に興味がない場合はこちらでも良いと思います。

プーケット島からピピ島への行き方

オールドタウンの港からスピードボートに乗って島まで行きます。
ツアーだといくつかのプランがありますので選べますが、もっとも早い船だと5時頃出船になります。

たいていの場合は、パトンビーチにホテルを取っていることが多いので、ホテルを4時半にピックアップバスに乗って出発し、30分後くらいに反対側のオールドタウンの港に到着します。

港につくと軽い朝食も出ます。フルーツ生ジュースが美味しいです。

港では同じツアーの人が20人くらいいます。各ホテルからピックアップされて集まってきます。
各人、スノーケリングで使うフィンとバスタオルを渡されて、人が集まるまで待ちます。


出船時でもまだ暗いですので、天気が良ければ出船して10分ほどのところで、朝日がみられます。海から上がってくる力強い朝日は気持ち良いですね。

ピピ島のおススメのスポット

ピピ・レイ島

ピピ・レイ島は無人島です。大きく分けると3つほどスポットがあります。「マヤ・ベイ」「バイキングケイブ」「東の湾」

マヤベイ

マヤベイはレイ島の西側に位置します。まさに映画の舞台となった場所です。
丸くえぐられた形の湾は非常に美しい。

白い砂浜に青く透明な海、周りと囲む岸壁が異世界感をさらに演出する。世界でも美しい湾の一つだろう。

ディカプリオが魚を取ったり、サメと戦った湾ですね。当たり前かもしれませんが実際にはサメはいませんでした。

東の湾


レイ島の東側にいくとまた別の湾があり、ここの海のエメラルドグリーン具体は群を抜いて美しかったです。

魚はいませんのでスノーケリングはしませんでしたが、みんなで船からジャンプして遊びました。

バイキングケイブ


レイ島の東側の岸壁にある「バイキングケイブ」です。

中は約3.2平方キロメートルの広さだそうです。
大昔には海賊のアジトになっていたそうですが、今はツバメの巣がよく採れるということで、泥棒防止のため24時間監視のもと、ツバメの巣の良い採取場になっているということです。

いかにも中に住んでいたような感じなので、中の作りが気になりましたが、中に入ることはできませんので、外から眺めるだけです。

バンブー島


竹林があるのが特徴的な島。こちらも無人島です。

この島がもっとも青い海と白い砂浜という形容が合っている島かもしれません。
魚もそこそこ多くいましたのでスノーケリングするには良いと思います。

ピピ・ドン島


ピピ諸島の中ではもっとも大きい島で、人も住んでいます。ピピ島観光の拠点となる場所ですね。
湾と湾がくぼんだ形になっていて、島が切れそうな形になっているのが特徴的です。

2014年の津波被害がかなりひどかったようですが、今は無事に生活できているようです。

ホテルも多くありますので、ゆっくりとピピ島を味わいたい人はドン島に宿泊して、周りの島を回る。というのも良いかと思います。

モンキービーチ

ドン島にはボートでしかいけないモンキービーチという場所があります。
砂浜にサルがいっぱいいて、戯れることができるという場所です。
白砂の美しいビーチを楽しむことができるのが、ロ・ダラム・ビーチの西側にあるビーチ。
上陸すると人懐っこいサルが近づいてきます。

実はドン島に船から見ることができる野生のサルが出るスポットがあります。
船からバナナを投げると、バナナ欲しさにサルが海に飛び込みます。とても可愛いですね。

日帰りのツアーでもドン島でランチを取りました。

3泊4日程度の行程であれば、プーケットのパトンなども楽しめますし、プーケット島から日帰りツアーを組むのが一番効率が良いと思います。

>>>ピピ島日帰りツアー(送迎・ランチ付)

ピピ島でおススメのホテル

ピピ・ハーバビューホテル(Phi Phi Harbour View Hotel)


ピピ・ハーバビューホテルはピピ・ドン島玄関口となるトンサイ港より徒歩で3分の場所にある高級ホテルです。

船着き場から至近のため、レイ島に行くにも便利だし、買い物に行くにも非常に良いです。

プールも部屋もキレイで最高です。

レイ島なども含めて、ピピ諸島をゆったり楽しみたい人にはもってこいのホテルだと思います。

>>>ピピ・ハーバビューホテル(最低価格保証付きリンク)

激安wifiレンタル限定クーポン

料金5%割引&受取手数料無料キャンペーン実施中! 世界200ヶ国以上で使える定額制レンタルWiFi。安心の固定料金で業界最安値!! お得なクーポンは以下のリンクからのみGETできます。

>>>海外レンタルwifi(限定クーポン付リンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です